借地権売却で専門家に相談する時の豆知識

借地権売却の際に気をつけたいことと、専門家への相談してみよう

メリット、デメリットから考える借地権の売却

建物の所有を目的として土地を借りるための権利を借地権と言います。土地を借りて建物を建てて住んでいる借地権者にとって、借地権にはメリットもデメリットもあります。

まずメリットとして挙げられるのが、親や祖父の代から土地を借りているという場合です。土地代はある程度の年数分をまとめて支払っておくことで子どもの世代ではほとんど土地代の負担がなく利用することができるメリットがあります。また借りている土地とは言っても、借地借家法によって借主は守られているので、地主の勝手な判断で追い出されるようなこともありません。一般的な契約の存続期間は最低でも30年となっており、実際にはもっと長い期間で設定されています。また借地権は相続をすることができるので、借地権者が亡くなってしまっても、相続人が相続して住み続けることができます。この他にも毎年の固定資産税や都市計画税などは土地の所有者が負担するものなので、借地権者はその土地に住んでいても支払う必要がないなどのメリットがあります。

デメリットとして挙げられるのは、土地代を巡るトラブルや建物の建て替え、増改築、借地権付きで建物を売却したいといった際に地主の承諾を得なければならない点です。当事者同士で話し合いが進まない場合は裁判に発展する場合もあり、借地権者と地主の関係が悪化してしまうこともあります。また中には建物の種類や構造、増改築などに関する制限が盛り込まれている場合もあります。

このようにメリットもデメリットもあるのが借地権です。では、借地権の売却を検討する際に専門家に相談する時に、どんなことを知っておくべきなのでしょうか。

カテゴリー:未分類