借地権売却で専門家に相談する時の豆知識

借地権売却の際に気をつけたいことと、専門家への相談してみよう

借地権の売却を検討している時、どこに相談する?

通常住宅を売る場合は土地と建物がセットになっており、土地と建物の所有者は同一人物であることが多いのですが、土地の所有者と建物の所有者が違う借地権付物件というものがあります。名前の通り、第三者から土地を借りて、自己所有の建物を建てる権利のことを借地権と言い、この借地権は借地権者が亡くなった場合などは相続人が相続することができますし、土地の所有者である地主の承諾を得ることができれば、譲渡や転貸をすることができます。

とは言っても借地権や相続、譲渡や転貸など、個人では知識も乏しいことから、なかなかスムーズに進めることができません。そこで相談先として検討することができるのが、不動産業者です。不動産の取り引き実務を日々行っている不動産業者に相談することで、物件の査定や相場の調査なども安易になり、借地権付の物件に関して豊富な知識や実績がある不動産業者に関しては、地主との交渉もスムーズに進めていくことができます。借地権の売買については不動産業者から相談を始めてみてください。

また信頼できる不動産業者がなかなか見つからないという場合には、不動産鑑定士に相談するのもおすすめです。不動産鑑定士は実際の売買には関わらないことがほとんどですが、不動産の価額の国家資格であり、不動産業者とは違って公正中立な立場で業者の利潤などを差し引いた価額を導いてくれるコンサルティングサービスとして活用することができます。

カテゴリー:未分類